オリジナルのロゴを制作

menu
HOME » ロゴデザイン » オリジナルのロゴを制作

オリジナルのロゴを制作

宣伝する方法とはビラやチラシを配ったりする直接的な方法もありますが、消費者に視覚から訴える方法もあります。
代表的な方法で言えばロゴを制作する方法があげられ、ロゴを通して商品や自分たちの会社をアピールできますし、それがきっかけで幅広く認知してもらえることにも繋がるかもしれません。
そこでここではロゴを制作するうえでポイントになることをいくつかお伝えしていきたいと思いますから、これから自分たちの作った商品や自分たちの会社をしっかりアピールしたいという人はチェックしてください。

まずはじめにロゴを制作するうえでもっとも重要になるのが「オリジナルであること」で、これは当たり前では?と思うかもしれませんが、実はなかなか難しいことなのです。
現在日本だけでなく世界中にいろいろな企業があって、その多くは何らかのロゴを制作して商品や会社をアピールしていることが多いです。
つまりそれだけたくさんのロゴがあるということですから、自分たちがオリジナルだと思って制作していたロゴがすでに作られていたロゴと酷似しているというケースも多々ありますし、そうすると後から作ったほうや知名度の低いほうが「パクリ」だと思われてしまう可能性があるのです。

ロゴはオリジナルであることにこだわりたいと誰もが思っているでしょうが、消費者から見ればその真意を理解するのはなかなか難しいですし、まずロゴを見た印象で判断してしまいがちです。
そうすると最初の印象でパクリだという意識が芽生えてしまえば、その後もパクリである意識を変えることは難しいでしょうし、よっぽどのことがなければそのロゴに対しての印象を良くできないと思います。
したがってロゴを制作するときには十分な情報収集が必要になりますから、アイデアが出てきたら必ずそれがパクリになっていないかチェックするべきですし、すべてのロゴをチェックするのは難しいと思いますので、知名度の高いものだけでもピックアップしておくことをおすすめします。

そしてロゴを制作するときにどうしても「ロゴっぽいもの」をアイデアとして出しがちになりますが、実は必ずしもそうした概念にとらわれる必要はありません。
知名度の高いロゴの中には一見ロゴに見えないようなものもたくさんありますし、かえってそのほうがオリジナルで良いと好評になることもあります。
ですから従来の概念にとらわれることなくまずは自由な発想でアイデアを出してみるところからスタートしてみてはどうでしょうか?