Milou - ロゴの作成を依頼

menu

ロゴの作成を依頼

新規に会社を立ち上げる、新しい商品を売り出したい、そんなときにロゴを作成して分かりやすくアピールする方法がありますが、いざロゴを考えようと思ってもなかなかいいアイデアが出てこない…というケースも少なくありません。
ロゴがあることによって生まれるメリットはいろいろとあって、まずは覚えてもらいやすいという点があげられます。

有名な企業や商品などのほとんどは有名なロゴを持っており、ひと目見ただけで誰もが分かるものですし、どんな商品か知らなくてもとりあえずロゴだけは知っているというケースも少なくありませんから、それだけロゴの持つ影響力は強いのです。
そこでここではロゴの影響力を存分に発揮するためにはどのような点に注意して作成していけばいいのかポイントを紹介していきますので、これからロゴの作成を検討している皆さんは参考にしてほしいと思います。

▼ 目次

ロゴを作成する方法

まずはじめにロゴを作成する方法ですが、これは自分で作成する方法と専門の会社へ依頼する方法の2種類が考えられます。
自分で作成する場合はパソコンで専用のソフトなどを使って作成すると思いますが、これにはある程度の知識とソフトを使いこなすだけのスキルが必要にありますので、あまり時間がなかったり、それまで経験がなかったりした場合にはおすすめできる方法ではありません。

もともとそういう仕事をしていた人や、多少なりとも経験があるのであればチャレンジしてみる価値はありますし、時間があるなら教室などへ通って勉強してみるのもいいかもしれません。
ただしっかりしたデザインのロゴを作成したい場合はやはりプロに依頼したほうがクオリティも格段に高くなりますので、専門の会社を利用することをおすすめします。

専門の会社に依頼することによってプロのデザイナーもいますから、スキルも高いですし、普段からロゴを作成しているわけですから、どういったロゴを作成するのがベストなのかアドバイスも聞けます。
なかなか自分たちだけでアイデアを出し合っても素人同士の見解になってしまいますので、行き詰ってしまうことも増えますし、結果的に時間だけが経過していたということにもなりかねません。

ただし専門の会社に依頼すると当然それだけのコストもかかりますし、あまり予算がない場合はかなり大きな出費になってしまうこともありますので、予算オーバーしてまで依頼するのがいいかと言われれば首を傾げてしまうところです。
自分たちで考えて作成することで良いものが生まれることも当然ありますし、オリジナリティを追求できるという点ではメリットでもありますので、その点も考慮してみるといいかもしれません。

いずれにしてもまずはどのような方法でロゴを作成するのかその方法を決めなければなりませんから、それぞれのメリット・デメリットをしっかり分析して、ベストな選択をしてほしいと思います。
そして実際にロゴを使用するのは自分たちですから、たとえ専門の会社に依頼するにしても最終的な決定権は自分たちにありますので、まずはどのようなロゴを作るのがベストなのか自分たちで検討できるだけの知識は備えておく必要があるでしょう。

ロゴ作成 デザイン依頼はこちら

 

ロゴを作成の際に抑えておきたいポイント

そこでここからは新たなロゴを作成するときに意識しておきたいポイントをお伝えしていきます。
まずひとつめは「自分たちのアイデンティティがきちんと反映されているか」という点で、これはいわゆるオリジナルティにも繋がる部分があるのですが、ロゴとは自分たちの会社や商品を表現するうえで重要なものになりますので、自分たちの意思をしっかり込めなければいけません。
そういった意味でこれから自分たちがどんな風になりたいのかをそのロゴを通してアピールする必要がありますし、それが伝わるようなオリジナリティのあるものを作成するのがベストです。

一番良くないのが「あのロゴどこかで見た事あるよね」とか「あのロゴあそこのロゴと似てるよね」といった具合にほかのロゴをイメージさせてしまうようなもので、これはいわゆるパクリのレッテルを貼られてしまうことにもなりかねませんので、場合によっては大きなマイナスイメージにつながる可能性もあります。
そうならないためにもロゴの作成はある程度進んだら、ほかに類似したロゴがないか情報収集してチェックしたほうがいいでしょう。

さいごに

また、ロゴを作成すると意識し過ぎるのではなく、自分たちを表現するという意識でいたほうが良いものを作り上げられる可能性が高くなりますし、実際に良いものを作っているところの多くは表現したいという気持ちの延長線上でロゴを作成しています。
ロゴを作る意味をしっかり理解することで、ロゴの重要性も見えてきますし、デメリットになる部分も認識できますから、これからロゴを作成したという人はその点を含めて考えてみましょう。
最近ではロゴの作成についてアドバイスを掲載しているサイトもありますので、インターネットを利用して情報収集してみるといいかもしれません。